キャッシングをする際にリボ払いで返済をするメリット

近年よく耳にするようになったリボ払いとは、リボルビング払いの略でクレジットカードでお買い物やキャッシングをした際の返済方法の一つです。 毎月、支払残高に対して同じ額だけ返済していくので回数は変動で決まっていません。 比較すると、分割払いは回数が決まっていますが毎月の支払額は一定には残念ながらなりません。 家計などのやり繰りをする際にリボ払いにすればクレジットカード会社に対する支払いは固定の毎月1万円でずっと変わらなければ計算はしやすくなります。 もちろん結果的にはそれによる負担は少なくなります。 ここでのデメリットとして借り入れの額は増えても支払いはずっと変わらないので返済期間は当然長くなります。 それによって当然掛かる手数料も多くなってしまいますし、何よりもキャッシングやお買い物の際に借り入れをしているという感覚が薄れてしまう危険性がリボ払いにはあります。 手数料がどれくらいにトータルでなるのかなどを計算し比較する必要があります。 こうした資料を数字で見ると2010年の割賦販売法改正により支払い可能見込み額のルールが導入されお客様のお買い物やキャッシングのご利用可能枠は随時見直しされていますので注意しましょう。

後リボとは

返済方法をリボ払いにすることのメリットは?

基本的にはクレジットカードでショッピングをした際もキャッシングの時も返済方法を選択する際には一回払いをできればしたいと考える方がほとんどでしょう。 しかし、商品や支払額の大きさによってはそれが家計に負荷となってしまうことがあります。 そんな時は毎月の支払額が一定となるリボ払いが便利な返済方法となります。 現金で一括払いでは購入できないものも毎月少しずつ払う事でお金を貯めなくても手に入れることができるのです。 毎月の支払額を固定できるので、仮に他に欲しいものができたとしてもリボ払いでは返済額は変わりませんので、家計のやり繰りに負担が掛かることはありません。 またカード会社がこのシステムに対して特典がお客様にある何かしらの割引きキャンペーンをスポットで行っていることがあります。 それらをうまく活用する事でお得になる場合もありますが、基本的には完済までの返済期間が騙されて無駄に長くなってしまうことで余分な金利や手数料がトータルの加算では多くなってしまいます。 残額の一括払いを後から自分の意思でリボ払いに自分でスライドして変更するシステムは近年ではどの会社でも利益で儲かるので採用しています。 絶対に無理をしない計画を建てたいという方には結果的にはメリットになります。


 クレジットカードでキャッシングできない停止

残高スライド元利均等返済方式がほとんどです

クレジットカード支払いで買物したときは、一括や分割やリボを選択できますが、消費者金融やキャッシングでは残高スライド元利均等返済方式になります。 残高スライド元利均等返済方式とは、毎月返済する金額を自分で決めるのではなく、残高に応じて自動計算で出された金額を毎月払う方法です。 キャッシングや消費者金融がこの方式を取る理由としては、完済までの期間が平均よりも長すぎると支払いが焦げ付いて回収不能になる恐れがあるので、1年くらいを目安に返済できるようにしてあります。 返済期間を定める目的はあるが、残高スライド元利均等返済方式のリボは利息が含まれた形なので、残高が分割よりも時間がたっても減りにくい特徴がありそこで儲けを取っているのでしょう。 キャッシングの場合はショッピングと違って返済方法を自由にリボの中から選択できるわけでなく、決められているのでどれが良いか迷うことはありません。 特に残高スライド元利均等返済方式がほとんどなので、リボの方法で優劣を決める材料にはならないということです。

買い物やキャッシングを重ねるとリボ払いは危険?

賢い主婦が家計のやり繰りをする際にクレジットカードでのお買い物を毎月重ねている方はこの支払い方法にしてしまうと支払いがいつ終わるのかわからないというデメリットがあります。 今月支払っているお金がいつの使用した分なのかは明細などで確認する事ができますが、実際にいつまで続くかがわからなくなってしまいます。 単純に36万円の商品を月1万円の支払いでリボ払いをした場合は完済まで36か月の3年掛かります。 その上に年利約15%の手数料がプラスされて掛かるわけです。 これ以降リボ払いでの利用をしなければ、特に問題はないように感じますが、分割払いと異なり月の支払いはずっと一定で足されることはありませんので毎月の返済額が大きくならない事が悪い方向に向かってしまうことがあります。 毎月の支払額は増加しなくてはいずれは返済しなくてはいけないお金が減ることはありませんので、返済の道のりは長期間になってしまうわけです。 その間にキャッシングの利息や手数料は自動的に毎月取られることになります。 クレジットカード会社によっては専用のブランド商品も存在しています。 しかしこれらは考え方によってはカード会社が儲かるようになっている画期的なシステムですので、これは支払い方法も家計や収入に合わせてもう一度根本から考える必要があります。

 キャッシングとは「担保なしで出来る個人の借入」


 ネットキャッシングとは「店舗に行かないで融資が完結」

 モビットのキャッシング【電話連絡なし】

 楽天キャッシングとは

 レイク無利息期間が一番長い

 イオンカードの借入【リボ払いや返済方法】

このページの先頭へ